みわ

学校名
中央大学
所属
文学部 人文社会学科 日本史学専攻 4年

カメラ、旅、歴史、jazz、美術などの趣味はバイトとサークルの合間に。忙しい!

【Data】

所属サークル・部活
タップダンスサークルFreiheit(フライハイト)/男バスサークルHOOP
受験形式
一般
高校時代の部活
生徒会執行部/合唱部
アルバイト
塾講師(小中高)/シュークリーム店
趣味
カメラ/旅/星/ダンス
お気に入り
ピアス(その日の気分に合わせて変えています。舞台に立つときやオシャレするときには大きいのをつけて気合を入れています。)
学生生活にかかせない食べ物・飲み物
リポビタンDとMonster Energy(美味しいし本当に眠気が飛ぶからすごいです(笑) レポートを書くときには欠かせません!)
関連URL

高校生からの質問 #1

英語の勉強方法について教えて!

【単語】

私は、電子辞書に内蔵されていたターゲット1900の出題機能を使って繰り返しアウトプットして体に染み込ませました。
また、スマートフォンのアプリにもターゲット1900があったので、間違った問題を自動で抜粋できたり、音も聞こえたり出題パターンも豊富であったりと便利なことが多くこちらも活用しました。
日頃の小テストは満点を取れるようにしていました。

【文法】

学校で配布されるforestやvintageを利用して繰り返し解きました。丁寧な解説で問題数も多かったので、あれこれ手を出さずに文法は一冊を繰り返すことが大事だと思います。

【長文】

テスト勉強では出題範囲を正確に一文ずつ訳しました。
受験勉強では長文用の対策本を用いて、初めは簡単なものをゆっくり正確に解き、徐々に難易度を上げました。
最終的には時間を意識できるように、受験勉強の早い段階ではあまり時間を気にせず精読するようにしました。

【その他】

洋楽を聞いたり、歌ったりすることと、洋画を英語字幕で見るとリスニング力もあがる上に英語に対してプラスな気持ちで取り組めると思います。

高校生からの質問 #2

現代文の勉強方法について教えて!

ひたすらに演習を繰り返していました。

まず問題文を読んでから本文を読みます。接続詞(特に逆接)にマークをつけたり、繰り返し出てくる言葉や言い換えの言葉に線をつけたり、最初は時間を気にせずに精読の癖をつけます。論説は2つの主張を対立させながら進めることが多いので、色を分けてマークして練習したりもしました。小説は感情の根拠となる説明にマークをつけました。あと、回答の選択肢は基本的には消去法なのですが、何故それがダメなのか、間違っている部分に線を引き、且つその根拠となる文を示す練習をするとどのような解き方であれかなり力がつきます。正しい解き方にすることで、最初は結果が出にくいですが、時間が経ってから急激に成績に変化が出てくる科目です。

夏休み明けからはセンターの過去問をとにかく繰り返し、時間感覚を身につけました。私は4つ全てセンターに必要だったので古文漢文にかける時間をできる限り減らして論説にあてていました。センター現代文よりも一般の問題のほうが優しいパターンが多いので逆に練習中は過去問を使ったりもしました。現代文は授業でとるようなノートを一瞬で作るような感覚でやるといいかもしれないです。頑張ってください!

高校生からの質問 #3

日本史の参考書の使い方を教えて下さい。

【資料集、参考書】

日本史の試験問題には史料を読んでこの史料は何か、何が書いてあるのか、穴埋めを求められる場合があります。史料のどこを読むべきか、覚えるべきかは教科書よりも資料集、参考書を使った方が良いです。また、荘園をはじめとする土地制度のように言葉ではわかりにくいものを覚える時にも活用してほしいです。開港地や戦国時代の分布図など地図とともに出題されやすいものもあります。

#【教科書】

教科書の部分は日本史の基本で、教科書の欄外の小文字の部分や地図、絵画、史料文で差をつけられるのでそこを是非参考書で補ってほしいと思います。

【その他】

ちなみに、通史を覚える上で石川晶康さんの講義の実況中継という本が非常にわかりやすく丁寧なのでオススメです。また山川から出ている教科書の内容をワークシート形式で覚えられるものも、アウトプットができるのでオススメです。

LINEで進路相談

〈中央大学の みわ〉に質問するには?

  • (1)下記をクリックして
    LINEのトーク画面から質問内容をお書きください。

  • *質問の内容に合わせ、該当する学生をこちらで調整することもできます。
    *LINEの進路相談の仕組みはコチラ

記事の内容は掲載時のものです。

Copyright © 2011 SHINLINE Co., Ltd. All Rights Reserved.