はるか

学校名
青山学院大学
所属
文学部 英米文学科 4年

サークルはキャンパスツアーガイド、バイトは塾講師。人と関わり、話をするのが好き。

【Data】

所属サークル・部活
キャンパスツアーガイドボランティア
受験形式
指定校推薦
高校時代の部活
茶道部/新体操クラブチーム
アルバイト
塾講師
趣味
食べること/ショッピング
お気に入り
手帳(時系列で細かく自分の行動を書き込めるところがお気に入り。勉強の計画や遊びの予定のほか、メモ帳代わりにも使う)
学生生活にかかせない食べ物・飲み物
疲れたときのチョコレート

STUDENT VOICE

英語と教育に興味があった私の選択

高3秋まで進路に悩んだが、英語や教育を学びたいという軸はあった。過去見学に行った中で対応してくれた学生やキャンパスの雰囲気が一番印象に残っていた青学へ。入学後は興味が広がり、将来は英語に携わる仕事をしたい。

illustration / Yoshimitsu Nippashi

英米文学科で真の英語力を身につける

英語力向上のため「英検」にチャレンジ。「TOEIC」はマークシート試験のため、リスニング・作文・面接試験で真の力が試される「英検」を敢えて受験するのが英米文学科のプライド。準一級に受かり、次は一級合格を。

illustration / Yoshimitsu Nippashi

高校生に大学の魅力を伝える教育的な活動に参加

私自身が受験前、大学見学で安心できたこともあり、高校生にキャンパスを案内する団体に所属。案内した高校生が、後日名古屋から文化祭に遊びに来てくれたのは嬉しかった。人前で話す苦手意識もなくなりました。

高校生からの質問 #1

英語の勉強方法について教えて!

【長文、英文解釈】

・「速読英単語必修編」の右ページ和訳を隠し、左ページの英文を自力で訳す。
・隠していた右ページの和訳と、自分の訳を比べる。(どの文の構造が分からなかったのかなどを詳しく分析しながら)
・右ページ和訳を頭に入れた上で左ページの英文を精読。(この時、全ての文にSVOなどを書き入れ、文の枠組みを掴む練習をする。この作業が一番大事。これによって前から訳す力や、単語が分からなくても意味を捉える力がつく。)
・最後、左ページの英文を音読しながら頭の中で前から訳す練習をする。
これらを1日1ページ。2ヶ月続けたらマーク模試で長文1問ミスにまで点数上がりました。

【リスニング】

センター試験の過去問を使用
・まず解く。
・解答にある和訳を読む。
・意味を理解した上で英文を見ながら音声を聞く。→和訳を見ながら音声を聞く。
・何も見ずに音声を聞く
上記をやると大問1個で30分かかります。1日大問1個目安。
これらを高3の夏から行い、センター試験当日は2問ミスでした。

【単語】

・単語帳(おすすめは「ターゲット」)で和訳できるようにする。スペルは書けなくても良い。
・なるべく例文を読み、その中で単語を覚えることで英文解釈の練習にもなり、一石二鳥。

【文法】

「ビンテージ」のような分厚い解説付きのものを使用。
高3の秋までに5周。(全問→間違えたところだけ2周目 といったやり方。)
そのうち、答えを覚えてしまうので、そうなったらランダム形式の問題集へ移行。(ランダム形式とは、「不定詞」などのように単元ごとにページがまとまっていない問題集。「英文法ファイナル」がおすすめ)ランダム形式で間違えた単元をビンテージなどに戻って復習。

LINEで進路相談

〈青山学院大学の はるか〉に質問するには?

  • (1)下記をクリックして
    LINEのトーク画面から質問内容をお書きください。

  • *質問の内容に合わせ、該当する学生をこちらで調整することもできます。
    *LINEの進路相談の仕組みはコチラ

記事の内容は掲載時のものです。

Copyright © 2011 SHINLINE Co., Ltd. All Rights Reserved.